FC2ブログ

西日本釣り博2018…参戦記

今年の四国フィッシングショーは施設工事の関係で開催できないらしく…

それならいい機会だし四国外のショーに行ってみよ〜ってことで、3/17・18に福岡県北九州市で開催された西日本釣り博2018にはるばる行って参りました。

西日本釣り博

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


はい、西日本釣り博
四国のそれと比べると規模も出展メーカー数も多く、とてもじゃないけど1日じゃ制覇できまへ〜んってことで気合い入れての2連戦 笑

とはいえプラン立てんことにはそれでもキツイだろうから事前に気になるアイテム/メーカーをチェックしておいてからの参戦です。

で、そんな私が今回にチェックしたのはアジメバなど「ライトゲーム」と「ロックフィッシュ」がメイン。もちろんその他のアイテムもアリですが〜まちょっとダラダラと記録してみます。




ドリームアップ

グリリンやマッカムなどの「ハンドポワードワーム」でお馴染みのドリームアップから、メーカー初のロッド「Dreem Con Three 80MH」が6月に発売されます。

Dreem Con Three 80MH

7〜8フィートクラスのライトゲームロッドの何がいいってそりゃ〜「汎用性の高さ」ですね。

アジメバルだけに限定してもキャロ、スプリット、フロート、プラグ、メタルジグなどがこなせる上に、目線を変えればカサゴ、ライトグルーパー、河口遊び、ウルトラライトショアジギングまでやろうと思えば何でもできる…そこがええのです。が、こういうロッドってありそうでなかなかないんですね〜。

このブースでは以前からSNSで交流のあった「アラカブログ」のヨシさんとばったり遭遇。暫しダベってとりあえずロッド曲げてみる。笑




お次に…こちらも発売間近、ダート系ハンポワワーム D.D.8のニューサイズ「D.D.8 2.5インチ」と、それ専用のジグヘッド「Dreem Dart 8 Head 25」を物色。

D.D.8 2.5インチ

Dreem Dart 8 Head 25

まさにホゴゲーサイズ。ガチンコでやるならベイト付きのマダイとかですかね。

ダートやワインドって、デカいワームに重いジグヘッドってイメージないですか?コレ…ライトでも全然OKです。予想以上に多魚種からの反応が得られるマイクロワインドゲーム、興味のある方は是非。




バスデイ/ジップベイツ

老舗ですね。特にバスデイルアーは好きで良く使ってますが、今年は「夏のトップはコレ1つでOK」なシュガペンに嬉しいダウンサイズモデルが登場。その名も「シュガペン 58F




シュガペン58F

ええですね〜このサイズ感。メッキやセイゴの水面炸裂ゲームにはドンピシャかと。個人的にはメバルも十分狙えるんじゃないかな〜なんて思ってます。


そして…今年はグルーパー狙いでも積極的にハード系を投入してみようと考えてましてそんなルアーもチェック。サイズ展開が豊富なレンジバイブ、軽めの20gが新たに加わったバンジーショットなどが気になるところでしょうか〜。

バンジーショット


チヌのボトムゲーム用ルアー「紅ショウガ

紅ショウガ

…ネーミングがステキ 笑




バレーヒル

ロックフィッシュロッド、サイファリスト-HRXシリーズ

サイファリストHRX

現在所有している83MHには昨年良い釣りさせてもらったこともあってサイファリストには思い入れも興味もアリ。このところ気になっているロングロッドについて親身なアドバイスを頂きながらいろんな機種を触らせていただきました。

スピニング・ベイト共にラインナップが豊富で各モデルのコンセプトも明確。何と言ってもリーズナブルなお値段がいいですね。


こんなモノも。

HRX ロックフィッシュ スカリ

HRX ロックフィッシュ・スカリ

一見するとマグバイトのフローティングスカリ…に見えなくもないですが、こちらはスカリを海から上げた時に底に若干の水が残る構造で、魚へのダメージを最小限に留めようってのがコンセプトのスカリ。

HRX ロックフィッシュ・スカリ

サイドファスナーが岩などに擦れにくいようにメッシュ地が立ち上がってまして磯場での使用も考慮されてますね。スカリを折り畳んで収納・持ち運びできる防水ケースとロープも付属。ハードロッカーに限らずライトゲーマーにもオススメな一品。




アピア

今年のアピアの目玉は何と言っても「グランデージ

アピア/グランデージ

ライトゲーム〜ショアジギングまで「LITE」「STD」「XD」の3カテゴリーに分かれていて、そのロッド総数はナント28本。お好きなカテゴリーの中から各々のシチュエーションやロケーションに合った機種をどうぞ…ってなコンセプトのようです。

20180322q.jpg

グランデージシリーズの中でも「LITE」を数機種触ってみましたが、最初に触ってみた印象はアピアらしいロッドだな〜と。レガシーシリーズがお好みの方は「LITE」も違和感なく使えそうな感じですかね。


Brute'HRシリーズ

ロックフィッシュロッド、Brute'HRシリーズもチェック。




テンリュウ

20180322s1.jpg

こちらでもロックフィッシュロッド「ロックアイ ヴォルテックス」をチェック。

んで、次のブース行こか〜…と思ったらテンリュウのアジングロッドプロトが目に付いたので触ってみた。

20180322t.jpg

ルナキア プロトタイプ

今回の釣り博でそこそこに単体用アジングロッド触りましたが…その中でも個人的にはコレがNo.1でしたね。

ルナキア プロト ソリッド2機種

ルナキア プロト チューブラー3機種

5機種中3機がチューブラー、残る2機がソリッドティップモデルで、特にソリッドティップの632はパワーやらバランスやら何かとえぇ〜感じなんです。

コスメ的な部分の詳細は未定らしいのですが、グリップ/リールシート部は京都の「西陣織」で編み上げたカーボンクロスで遇らわれるらしく…これがまたシブいのですよ。

西陣織

こういった和の伝統技術を釣り竿に取り入れてくるところに日本のロッド/ブランクスメーカーとしての誇りを感じますね〜。発売は秋頃だとか?最終形態がどうなるのかヒジョ〜に楽しみ。




ジャクソン

アジングロッド ジャムオーバー

ジャムオーバー

ロッドひん曲げてアジ釣りたくなるオールソリッドモデルを暫し拝見。

ハイドアウトハンター

で、新作のロックフィッシュロッド ハイドアウトハンターも拝見。




シマノ

こんだけロックフィッシュだ根魚だと騒いでてシマノが黙って見てるはずがないとは思ってましたが…やっぱり出してきたロックフィッシュ専用ロッド ハードロッカー

シマノ/ハードロッカー

運良く折本さんを発見してまずはハタゲーについて疑問点などをお尋ねしてみた。

そしてやはりロッドの話題に突入し…おんりゃ〜と曲げる。 笑

ハードロッカー

その道のエキスパートと話ができるってのも釣りのイベントのいいところですね。

ちなみに、我らが愛媛を舞台にこのハードロッカーを使ってのオオモンハタゲームの様子がシマノHPよりUPされてますんで興味のある方はご覧下さい。ホント暖かくなるのが待ち遠しいですね〜 笑…






ジャンプライズ

ジャンプライズ

私の釣りカテとは逸れますがいつか触ってみたいと思っていたジャンプライズのロッド。

ボーっとロッド眺めてると井上社長がお声掛け下さって暫しの間トーク。で、おもむろにロッドを手に取ったかと思うと振り回し始めた…それもティップを持って。 笑



あの〜〜…




や〜め〜て〜〜 笑




バリバス


バリバス/アジングプロトロッド

ムチャクチャに軽いアジングロッドのプロトタイプ






スミス


スミス/ダークシャドウ TZ

スミスの新作メバリングロッド ダークシャドウ TZ。7'3"と7'7"の2タイプ






18ステラ&18イグジスト

今年大注目のフラッグシップリール2アイテム。

18ステラ

成熟した18ステラ


18イグジスト

革新された18イグジスト



…まぁ何はともあれまずは貯金ですね。 笑




こんな感じで自身初の西日本釣り博は終了〜

本当はロッドでも持って行って福岡の夜の海で遊んでみようかと本気で考えてたんですが今回は我慢。その分食べて飲むことにしましたが正解でした♪

20180322xx.jpg

20180322yy.jpg


来年は高知での四国フィッシングショーも開催されるようですが、他のフィッシングショーにも行ってみるのもアリかな〜なんて思ってます。まぁそれはまたその時…ですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

コメント 2

UTSU

No title

ご無沙汰ですー(・∀・)
素敵な時間をお過ごしで何よりです☆
脳内欲望パニックだったことでしょう 笑

4、5ヶ月海に近寄ることすら出来ず気が狂いそうなので、
暖かくなった頃にでもまた遊んでください☆

2018-03-24 (Sat) 00:16 | EDIT | REPLY |   

ともまろ

Re:

> UTSUさん
どもご無沙汰です〜
ご多忙なようで…僕ならとっくに気が狂ってますわ 笑

釣り博の間はもっと見て回りたいって気持ちと早く釣り行きたいって気持ちがごちゃ混ぜですよ。
コレは買うと決めたモノもいくつかあって有意義な小旅行になりました〜。
暖かくなったらお誘いしますんでまたどうぞよろしくです。

2018-03-24 (Sat) 08:58 | EDIT | REPLY |   

コメントを書く